純チタン冠 受注開始!

《新商品のご案内》

ご存知のようにJIS純チタン2種のチタン冠が、全ての大臼歯に保険適応(智歯を含む)されました。

価格¥6,500(材料含・技工料税別)
info@justec-d-factory.com

チタンは硬い・撤去が大変火花が散る・熱くなるなどの意見を承ります。ところが、いたって扱いやすいのです。

歯質および材料 引っ張り強さ (MPa) 弾性係数 (GPa) ビッカース硬さ (HV)
エナメル質 10~35 40~90 270~400
金銀パラジウム合金 471~500 95~100 125~155
コバルトクロム合金 785~800 200~250 280~360
純チタン 2種 480~620 100~110 >150

硬さは同じですが粘るので回転数を半分に落とすとパラジウム合金と変わりません!(撤去時も同じです。)

なぜ硬く感じるのでしょうか?

普段慣れているキンパラの調整と同じ回転数で調整しがちです。
そこで粘る純チタンが、バーに入り込み塞いでしまい空回りして火花、熱に変わります。意識してこれから主流になりうる純チタンの削れる遅めの回転で取り扱い頂ければ問題ございません。
鉛の様な物性を持つ純チタンには、荒めのバーを使用する。模型上ではなく水に浸したワッテなどを冠の中に詰めてもさらに効率が上がります。

純チタン冠の特徴

  1. 純チタンはキンパラ合金とほぼ同じ硬さです。
  2. エネメル質よりはるかに柔らかくすり減ってくれますので顎関節症などになりにくい。
  3. 完全ノンアレルギーです。純金と同等
  4. パラジウムは金属アレルゲン第4位の金属です。(2020年第一位のニッケルが保険から外れたアレルギー後進国です。)
  5. キンパラと同じ慣れたセメントでOK
  6. 産出国が特定ではなく豊富な量、金属価格が安定している。(確定利益
  7. キンパラ他歯科用金属と同じクリアランスの確保がしやすい!
  8. ナイフエッジで問題なく生Pにも安心

当社内 JMCミリングセンターのインスタグラム
チタン冠調整.撤去動画をよろしければご覧ください。

Copyright(c) 2016 株式会社ジャステック All Rights Reserved.