匠とデジタルの融合

takumi1

私たちジャステックは精度、品質の安定、マテリアルの多様化などにいちはやく対応する為、日進月歩で進みゆくデジタル技術、機械装置を駆使し様々な取り組みを致しております。
現在は、労働集約型の典型とも言える歯科技工業が急速に装置産業化に移行する過渡期でもあります。
一例を挙げれば多種多様な技術を使って適合精度を追求してきたインプラントブリッジは、超高精度のマシンによって以前よりより簡単にパッシブフィットが得られるようになりました。それにより患者様、術者のチェアタイム、経済的負担も軽くできるようになったのはデジタル化の象徴とも言える一例です。
私たちはマシンを使こなす技術、例えば支台歯の形状、スパン、マテリアルなどを考慮し入力数値を変えてデータをつくります。
また、Drの指示のもと、長年歯科技工士として培った私たちの様々な技術や経験を(身体、顎、口腔内、審美、ペリオ、強度、快適さなどを)制作物に匠と命を吹き込み技工物の制作にあたっております。
加えてバネミエン、パターンレジントライなど皆様に喜ばれるオリジナル製品開発など活溌に行っております。
今日も明日も、なによりも、すべては患者様の笑顔の為に!

㈱ジャステック 技術部長 篠崎悟

takumi2

Copyright(c) 2016 株式会社ジャステック All Rights Reserved.